立札(木札・紙札)記入例

胡蝶蘭を送る際お花と同じぐらい大切なのが立札の内容「どう書けばいいかわからない」という方も少なくありません。
ここでは、用途に応じた様々な立札の書き方をご紹介いたします。

また、ここでご紹介している書き方はあくまで一例です。
立札の記入内容について決まった書き方はございませんので、お客様がご自由に考えていただくことが可能です。

移転御祝いの立札見本

例1.一番人気の高い立札です。贈り主様のお名前のみを記載いたします。

例2.こちらは贈り主様と贈り先様の両方を記載し、わかりやすい立札となっています。

例3.御祝いの内容は入れないシンプルな立札になります。

例4.お届け先の代表者様が複数の代表を兼ねている場合の記載方法です。

例5.例3の立札とほとんど同じですが、こちらは贈り主様のみの記載になります。

就任御祝いの立札見本

例1.一番人気の高い立札です。贈り主様のお名前のみを記載いたします。

例2.こちらは贈り主様と贈り先様の両方を記載し、わかりやすい立札となっています。

例3.御祝いの内容は入れないシンプルな立札になります。

例4.就任する役職も記入する書き方です。

例5.例3の立札とほとんど同じですが、こちらは贈り主様のみの記載になります。

開店御祝いの立札見本

例1.一番人気の高い立札です。贈り主様のお名前のみを記載いたします。

例2.こちらは贈り主様と贈り先様の両方を記載し、わかりやすい立札となっています。

例3.御祝いの内容は入れないシンプルな立札になります。

例4.弁護士の方などお世話になっている方が開業なさった際の例です。

例5.こちらはお医者様の開院御祝いの例になります。

上場御祝いの立札見本

例1.一番人気の高い立札です。贈り主様のお名前のみを記載いたします。

例2.例1よりも内容を細かく記載したもの。

例3.こちらは贈り主様と贈り先様の両方を記載し、わかりやすい立札となっています。

例4.例2よりも内容を細かく記載したもの。

例5.例3よりも内容を細かく記載したもの。

創立記念日御祝いの立札見本

例1.一番人気の高い立札です。贈り主様のお名前のみを記載いたします。

例2.こちらは贈り主様と贈り先様の両方を記載し、わかりやすい立札となっています。

例3.例2同様両方を記載しています。数字は漢数字、算用数字どちらでも対応可能です。

例4.例1と同じです。こちらは設立記念の例になります。

例5.内容は例1と同じですが祝の字をセンターに配置したパターンになります。

叙勲御祝いの立札見本

例1.叙勲御祝いの立札で一番人気なものになります。

例2.例1と並んで人気な立札になります。

例3.御祝いの内容は入れないシンプルな立札になります。

例4.御祝内容をシンプルにお入れした場合。

例5.内容を詳しく記入する場合の例。

昇進御祝いの立札見本

例1.一番人気の高い立札です。贈り主様のお名前のみを記載いたします。

例2.こちらは贈り主様と贈り先様の両方を記載し、わかりやすい立札となっています。

例3.御祝いの内容は入れないシンプルな立札になります。

例4.昇進祝いを就任祝いとして記載します。昇進の結果、就任のお祝いになる場合の例です。

例5.例3の立札とほとんど同じですが、こちらは贈り主様のみの記載になります。

ご家族やご友人に送る立札見本

母の日や誕生日、御結婚といった催事の際に胡蝶蘭を贈ってみるのはいかがでしょうか。

その他の立札見本

例1.舞台等に出演する俳優さん、役者さんに個人で贈る場合になります。

例2.会社で後援しているイベント等に贈る際にお使いいただくような立札になります。

例3.個人や有志でお送りいただく場合の例になります。

例4.退職の際にお送りする立札です。贈り主様のお名前のみを載せる場合が多いです。

例5.御供えの際に贈るものになります。贈り主様のみを記載し、派手な立札にはしないのがほとんどです。